お休みコラム

在宅勤務のストレス解消方法7選 イライラ・集中できない時におすすめ

新型コロナウイルスが流行する今、在宅勤務に切り替える会社が増えています。在宅勤務には良いところもたくさんあります。しかし、在宅勤務ならではのストレスを感じることはないではないでしょうか?

人と話す機会が減って孤独を感じたり、1人きりの仕事や環境、コミュニケーションがうまくできないことなどストレスを感じることも多いかもしれません。

当記事では、在宅勤務中におすすめのストレス解消方法を紹介していきます。

在宅勤務で感じるストレスとは?

コロナ禍で在宅勤務を始めた人も多いと思いますが、慣れてきましたか?

在宅勤務のストレスには、①家で仕事をするストレスリモートワークの仕事上のストレスの2種類があります。

まずは在宅勤務で感じてしまうストレスやイライラの原因について解説します。

仕事に集中できる環境ではない

家庭環境や間取りによっては、仕事場とプライベートの場を分けられない方も。職場と違って仕事をしやすい環境ではないと、日々小さなストレスが溜まっていきますよね。

自宅で仕事を円滑に進めていく上では、一緒に住んでいる人とのコミュニケーションも大切です。例えば、家族が仕事中に話しかけてきたり、会議の時間に家の用事をしなくてはいけないなど・・仕事が思うように進まず、モヤモヤすることもあるかもしれません。

生活リズムを崩してしまう

在宅で仕事をしていると、つい時間を忘れて頑張りすぎてしまう方も。夜遅くまで仕事をしてしまったり、定時や残業の感覚がなくなってしまったり。

家にこもりっぱなしだと、朝起きれなくなったり、寝付きの悪さに繋がることも。職場のようにランチタイムがないと、食事や休憩の管理がむずかしくなり、休まずに働きづめになってしまうこともありますね。

このように生活のリズムが崩れると、ストレスや心の疲れにも繋がる可能性があります。

働く上でのコミュニケーションがむずかしい

在宅勤務は対面で話す機会が減り、チャットやメールなど文章のやりとりが主流になります。慣れないコミュニケーションで、自分の意図が伝わらなかったり、相手の指示をうまく理解できなかったり。直接会って仕事をする時とは違うストレスを感じることも多いです。

同僚との雑談や小さな相談もしづらく、コミュニケーション不足からストレスを解消できないと感じることも。

精神面での負担を感じる

家で一人で仕事をしていると、ふと孤独を感じる瞬間はありませんか?人と触れ合う機会が減り、何となくもやもやしたり、小さなイライラが溜まることも。

在宅勤務だからこそ、普段より成果を出さなくてはと思いつめてしまい、仕事へのプレッシャーを感じる人もいますよね。

孤独感やプレッシャーなどの精神面の負担は、ストレスや仕事が集中できないことの原因に繋がるため、しっかり解消していくことが重要です。

在宅勤務のストレス解消におすすめの方法7選

ストレスを完全になくすことは、なかなか難しいですよね。特に、お家や環境の問題はすぐに根本的な解決は取りづらいでしょう。

そのため「完全にストレスをなくす方法」よりも「ストレスとうまく付き合うための方法」を探していくことが大切です。在宅勤務でも取り組める、おすすめのストレス解消方法を7つご紹介します。

①家の中で動く

ずっとパソコンに向かって仕事をしていると、集中力が切れることもありますよね。人間の集中力の限界は90分とも言われているため、1日中集中して仕事をすることは難しいことですし、ストレスに繋がることもあるでしょう。

集中できない時にムリして仕事を続けても、なかなか進まずにストレスは溜まっていく一方。そんなときは、家の中で意識的に動いてみると気分転換になります。椅子から立ち上がる、キッチンへお水を取りに行くなど小さなことから始めてみましょう。

②ウォーキング、散歩

在宅勤務は出勤がなくなるメリットがある反面、ずっと家の中にいることで運動不足になりやすいデメリットもあります。身体を動かさずに身体が凝ったり、体力の衰えを感じることも。運動不足は、仕事の進み具合や集中力の低下に繋がる可能性もあります。

そんな時は、ランチ休憩や朝の時間を使って、ウォーキングや散歩をしてみるのはいかがでしょうか?

簡単なウォーキングや散歩でも、身体を動かすと気持ちが良いものです。

③定期的に休憩する

在宅勤務は会社よりも休憩を意識しづらく、つい休みそびれてしまうことも。ずっと家にいるので、休憩中やプライベートの時間にも仕事のことを考えてしまう人もいるでしょう。

休むときは仕事のことを忘れて、しっかりリフレッシュすることが大切です。短時間の睡眠を取る、好きな音楽を思いっきり聞くなど、自宅ならではの方法で休憩を取ることもおすすめです。

在宅勤務でも、メリハリをつけて定期的に休むことはストレスを溜めない方法の1つです。

④生活リズムを整える

在宅勤務をしていると、つい夜更かしをしたり、うっかりご飯を食べそびれてしまうことはありませんか?そんな生活を続けていると体調を崩したり、イライラして仕事に集中できなくなることもありますよね。

生活リズムを整えるためには、「睡眠を規則正しく取ること」や「バランスの良い食事をすること」といった基本が大切です。早寝早起きを意識したり、レトルトやコンビニで済ませてしまうことが多ければ1食だけ自炊に切り替える、など小さな心がけから始めてみましょう。

⑤自分なりの仕事環境をつくってみる

コロナ禍で、在宅勤務に合った家具やアイテムが人気ですよね。とはいっても、いきなり全部揃えるのは難しいでしょう。まずは、自分なりに仕事環境を変えてみるのはどうでしょうか?

重視する点の1つは、快適さです。リラックス・リフレッシュできるアロマディフューザーや姿勢改善クッションなど、簡単に用意できるグッズから用意するのはおすすめの方法です。お気に入りのマグカップや卓上に置ける植物など、近くにあると癒されるものを用意するだけでも、自分なりの仕事環境に。

お気に入りの環境を作ることで、在宅勤務のストレスを軽減できるのではないでしょうか。

⑥テキストのコミュニケーションに慣れる

在宅での仕事では、メールやSlackなどテキストのやりとりが主流になることが多いです。文字でのやりとりは相手に思ったように伝わらず、イライラやストレスを感じた経験はありませんか?

テキストのコミュニケーションでストレスを溜めづらくするためには、会って話す時とは違うことを認識することが大切です。例えば絵文字がないと冷たく見えるなど、テキストならではの特性を考えてみましょう。

なかなか伝わらずイライラしたり相手の言葉に傷つくのではなく、冷静に受け止めやすくなるためです。

⑦誰かと話したり、笑う時間を持つ

緊急事態宣言下での自粛や、在宅勤務でずっと家にいると、誰かと話す機会が減っている人も多いのではないでしょうか。特に1人暮らしの場合、1日中誰とも話さないこともありますよね。

なんでもないことを話したり笑ったりすることも、ストレス解消には大切な時間です。電話やZoom、Lineなどのツールを使えば、簡単に遠くの人とも雑談を楽しめます。

お笑いやコメディドラマを見たり、意識的に笑う時間を持つこともおすすめ。YouTubeや動画配信サイトなど、テレビがなくてもお家で楽しめるエンターテイメントは豊富です。

在宅勤務は良いこともたくさん!ストレスとうまく付き合って快適に働こう

在宅でのストレス解消方法を7つご紹介しました。在宅勤務のストレスは、大きく分けて2種類。自分が感じているストレスの種類を理解することも解決の第一歩です。

在宅勤務には、通勤のストレスがなくなったり、自宅で落ち着いて仕事できるなど良いこともたくさんあります。ストレスとうまく付き合えば、快適に働けるはず。

イライラや集中できないときのストレス解消法を持っておくことで、より快適な在宅勤務を目指しましょう!

  • この記事を書いた人
ゆず

ゆず

俗に言う「ブラック企業」で働いたことをきっかけに心身共に疲弊して、体調を崩す。小さなストレス解消方法を試していき、元気になったことから、心の健康を保つ方法や疲れてしまった心を休める方法に興味を持つ。元気になってからも、ヨガやアロマなどお手軽にできることを日々トライしている。

-お休みコラム

© 2021 休もう。