休み方 初級

休み方:小さく壊す|ささやかなストレス解消法

お休みする方法は、2つのジャンルに分類されると思います。1つ目は、アロマやお風呂など癒されてリラックスすること。2つ目は、散歩などリフレッシュしてストレスを解消すること。今回は子どもに戻った気分で試せる、ストレス解消にぴったりな方法をご紹介します。それは、ずばり物を壊すこと。といっても、お皿や椅子を投げるわけではありません。誰にも迷惑をかけずに簡単に試せる、「小さく壊す」方法です。

なぜ物を壊すとストレス解消になるの?

その前に、なぜ何かを壊すことがストレス解消になるのでしょう?科学的な根拠はありませんが、普通はやってはいけないことだからではないでしょうか。壊すことに限らず、大声を出すことや思いっきりスイーツを食べることなんかもそうですね。いつもはやってはいけないこと、自然に禁止していることをやると、一時的に非日常感を味わえてストレス解消につながるのではないでしょうか。

しかし、やってはいけないことをただやるだけでは、一時的な気持ちの良さしか味わえないと思います。一般的には、物を壊すことには抵抗がありますよね。大切なグラスやお皿を落として割ってしまったら悲しい気持ちになりますし、怒りに任せて投げた本がバラバラにちぎれてしまったのをみたら、後から後悔するはず。

そのため、自発的に何かを壊そうと思うことは、ほとんどないと思います。ストレス発散のために何かを壊してしまったら、その場では一瞬スカッとしても、後からイヤな気持ちになる可能性も高いです。

時間が経ってもイヤな気持ちにならない・後味が悪くない方法は、たった1つ。壊してもいいものを壊した時だけだと思います。

小さく壊す おすすめの方法

そこで、今回は日常にあるものでできる、壊しても罪悪感のない方法を3つご紹介します。「なんだ、こんなことか」と思われるかもしれませんが、よく考えたらこの3つも「物を壊す」ことなんですよね。

①プチプチをつぶす

プチプチが付いている梱包材、お家にも余っていませんか?ただ指でプチプチをつぶすだけなのに、なぜかハマってしまうんですよね。指でぐにゅっと圧力をかける感触と、つぶれた時のプチっという音がたまらないのかもしれません。

一時期は永遠にプチプチを潰せるキーホルダーが話題になったほど、みんな大好きなストレス解消方法です。ただ、プチプチは梱包材として大事な役割を果たしているので、つぶしてしまうと梱包材としては使いづらくなるかも・・いらない分だけつぶすようにしましょう!

②いらない紙を丸める

不要な紙が溜まってしまった時に、おすすめの方法です。やり方は簡単、ただいらない紙を手でぐしゃぐしゃに丸めるだけ。丸める時に手をぎゅっと握るのが、やみつきになります。ティッシュのように柔らかい紙だと手応えが小さいので、ある程度の硬さがあった方が丸めがいがありますよ。

シュレッダーにかける必要がある書類の場合は、またシワを伸ばしてまっすぐにしなくてはいけなくて面倒ですよね。丸める時は、そのまま捨てれる紙で試してみて下さい。ポストに入っているチラシは薄さもちょうど良いです。

③いらない紙をちぎる

こちらも不要な紙がある時に、おすすめの方法です。いらない紙を両手でちぎっていくだけ。小さくチビチビとちぎるのも、大胆に大きくちぎるのもどちらもストレス解消になります。中には、「うぉ〜!!」と声をあげながらちぎっている人を見たこともあります・・相当ストレスが溜まっていたんでしょうね。

周りに人がいる場合は、いきなり始めるとびっくりされますので、ストレス解消のためにちぎる旨を伝えておいた方が良いと思います。

小さな破壊で、ささやかなストレス解消

今回は、小さな破壊でささやかなストレス解消ができる方法を3つご紹介しました。プチプチもいらない紙も、日常にある物ですので、簡単にできると思います。ポイントは、壊しても罪悪感を感じないものを使うこと。ノリノリになりすぎて、大切な紙までちぎらないように気をつけて下さいね!

「休もう。」は、休み方が分からない方を応援します。

  • この記事を書いた人
アバター

Caori

ストレスを貯めやすく、体調を崩すことが多かった。 高校生時代にうつ病になったり、社会人になってからストレスで生理が止まらなくなった経験から、心身の病を予防する方法に興味を持つ。 ヨガや呼吸法、マインドフルネスなど、日常でできることを実践している。 自分の香りで癒されることが好き、アロマ検定1級を取得。

-休み方, 初級

© 2021 休もう。