お休みコラム

NiziUの新曲「Step and a step」に学ぶ、自分らしい生き方

流行の曲は、その時代を生きる私たちの心に寄り添うものが多いですね。2020年は、コロナウイルス流行や緊急事態宣言、オリンピック中止にGo Toトラベルなど、今まで予想がつかなかったようなことがたくさん起きました。コロナ禍で、経済的にも精神的にも心配や不安が続く人も多いと思います。そんな時代に、子どもから大人までたくさんの人の心を掴んだガールズグループがいます。今日は、NiziU(ニジュー)のデビュー曲「Step and a step」の歌詞から学ぶ、自分らしい生き方についてご紹介します。

ガールズグループNiziUをご存知ですか?

日本のソニーミュージックと韓国のJYPの合同オーディション「Nizi Project」から生まれた、9人組のグローバル・ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」。ネット配信サービスHu-luで配信されていたオーディション番組ですが、日本テレビ「スッキリ」で特集され始めたことでより多くの人が知ることとなりました。

日本だけではなくアメリカの数都市でも行ったオーディションの参加者は、なんと1万人。最終的に決定した9人のメンバーには、デビュー前から多くのファンがつきました。彼女たちの可愛さ、歌やダンスのキャッチーさはもちろんのこと。オーディション中に見せた努力やひたむきさや、普通の女の子だった彼女たちがプロデューサーのパク・ジニョンさんによってスターへと変貌していくさまには、思わず応援したくなる力があります。

働く大人にも共感を得た、プロデューサーの言葉

NiziUがブームになった特徴は、韓国ガールズグループやアイドル好きの層だけではなく、ビジネスマン・ウーマンにも広い共感を得たこと。プロデューサーのパク・ジニョンさんがオーディション中に参加者たちへかけていた、愛のあるコメントとフィードバック。厳しいだけでもなく、優しいだけでもない。成長を期待するからこその飴と鞭を愛情を持って言葉にするパク・ジニョンさんの姿は、多くの働く人たちの共感と尊敬を集めました。

プレデビュー曲の「Make you happy」は記録的な大ヒットに

何かと暗い話題が続いたコロナ禍の2020年ですが、NiziUのヒットは、お茶の間に笑顔と明るさを届けてくれた1つだと思います。プレデビュー曲の「Make you happy」は、縄跳びダンスと呼ばれる真似しやすく可愛らしいダンスも流行り、SNS上では世代・男女問わず踊っている姿が投稿されました。オリコンのデジタルランキング3部門を同時一位で獲得し、デジタルアルバム10万はダウンロード超え。youtubeの再生回数も、半年経たずに1.4億を突破しています。

ミイヒちゃんの休養

デビュー前から人気を誇るNiziU。しかし、彼女たちもただ順風満帆にスターへの道を歩んでいるわけではありませんでした。メンバーの一人Miihi(ミイヒ)ちゃんが、10月に体調不良のため治療と休養に専念することが発表されたのです。

韓国アイドルが好きで、TWICEのライブ中にスカウトされた経験を持つミイヒちゃん。歌唱力・表現力の実力とビジュアルの可愛らしさを併せ持ち、メンバーTOPの人気といっても過言ではありません。東京オーディションではまだあどけない少女のような幼さを残していた彼女は、最終オーディションの韓国合宿では一人の女性としても成長した姿を見せます。そんなステージ上での活躍の一方で、急激に痩せていく姿や、スランプ状態のようなコメントから、視聴者の間では心配の声が寄せられていました。

ミイヒちゃんの病名や症状など詳しいことは分かりませんが、心身ともに十分休養し、できることなら、また元気な姿でNiziUの一員として歌ったり踊ったりする姿を見たい。これがファンの今の心境ではないでしょうか。

ミイヒちゃんの休養の間、他のメンバーは8人で数多くのテレビ出演や雑誌への掲載を頑張っています。8人の姿が見られることが嬉しい一方、どうしても一人たりないことに寂しさを感じてしまう・・そんなファンの心を知ってか、NiziUのプレデビュー曲「Make you happy」をテレビで歌う際は、いつもある演出がされていました。それは、ミイヒちゃんが担当の部分は彼女の音源を流すこと。誰かが代わりに歌うのではなく、ミイヒちゃんの歌声が流れることに、ファンからは感動の声が寄せられました。不在の間もミイヒちゃんの存在を感じられること、そしてNiziUはいつでもミイヒちゃんが戻れる場所だと感じられることが嬉しいからです。

デビュー曲「Step and a step」が2020年12月2日にリリース!

そんな大人気グループNiziU。ついに、2020年12月2日にデビュー曲「Step and a step」のリリースが決定しました。11月25日には日本テレビ「ベストアーティスト」にて、デビュー曲が世界初の披露となり、TwitterでもNiziUがトレンド入りし注目を集めました。

この「Step and a step」、大人気グループのデビュー曲というだけではなく、注目を浴びたり共感が集まる内容となった理由があります。

なぜ新曲「Step and a step」は、共感されているのか?

なぜNiziUのデビュー曲「Step and a step」は、注目と共感を集めたのでしょうか?この背景こそが、自分らしい生き方をしたいという今の私たちの思いや、不安定な世の中で止むを得ず立ち止まってしまうことへの肯定に繋がっていると考えます。

①メンバーMiihi(ミイヒ)ちゃんの休業から復活までを期待させるストーリー

「Step and a step」のPVストーリーは、youtubeでの公開とともに大きな話題を呼びました。その理由は、活動休止中のはずのミイヒちゃんが出演しているためです。

ただ出演しているだけではなく、ミイヒちゃんの今(休養中)から未来(またNiziUで復活する)の姿を想像させるようなストーリーとなっているため、注目されていると考えます。

「Step and a step」のPVは、大きくこのような流れとなっています。

1.他のメンバー8人が何かを探している
→探しているのは自分自身のあり方かもしれないし、ミイヒちゃんかもしれない

2.マヤちゃんが望遠鏡でのぞいた先に、小さくうずくまるミイヒちゃんがいる
→ミイヒちゃんの今(休養中)に重なる

3.マヤちゃんがミイヒちゃんの元へたどり着き、心配そうなミイヒちゃんに優しい笑顔を向ける
→不安にならなくても大丈夫、私たちはいつでも待っているというメッセージに感じる

4.他のメンバーたちも、ドアを作ったり、道を探し当てたりと安心した表情になっていく
→自分なりの道を見つけたようにも、ミイヒちゃんを見つけたようにも感じる

5.他のメンバーたちがドアを開けた先に、マヤちゃんと手を繋いだミイヒちゃんが他の8人の元へ合流する
→今までは8人で踊っていたが、始めて9人NiziUメンバーが揃う。マヤちゃんがミイヒちゃんを皆のもとへ導いているようで、ミイヒちゃんの未来(NiziUに復活する)を想像してしまう。笑顔で手招きをするメンバーから、ミイヒちゃんを温かく歓迎している様子が伝わる。

6.ミイヒちゃんが心配そうな顔から笑顔になる
→このPVでは初めて笑顔になるミイヒちゃん。今までの不安や心配そうな顔から、安心したような笑顔を見ることで、見ている私たちもほっとしたような気持ちになる。

7.NiziU9人全員で手を繋ぎ、歩いていく
→全員がそれぞれ自分の道を見つけた、一人一人バラバラだった9人が手を繋ぐことで1つのチームとして進むことができるようになった、ミイヒちゃんが合流して9人のNiziUに戻った・・など、最後のシーンにはとても前向きな印象を受けます。

このように「Step and a step」には、少なからずミイヒちゃんの休養から復活までを想像してしまうようなストーリーが含まれており、ファンの間では話題を呼んでいます。ミイヒちゃんのシーンは、休養前に撮影されたとのこと。そのため、この曲がミイヒちゃんの休養に100%重ねたものではないと思われますが、休養しているからといってミイヒちゃんは不在ではなくNiziUのメンバーであるという安心感や、いつでも他のメンバーやファンは戻ってくるのを歓迎しているというメッセージは込められているのではないかと想像できます。

②NiziUメンバーのオーディションと重なる歌詞

ミイヒちゃんが休養しているため、どうしてもミイヒちゃんに重ねて見てしまう「Step and a step」。しかし、他のメンバーも、この歌詞を見たときに涙したと言います。

それは、自分たちのオーディション中での姿と、歌詞を重ねて考えることができたから。「Step and a step」の歌詞からは、"そのままで大丈夫" ・"私は私"・"自分らしく"など、自分らしく生きて良いというメッセージを強く感じさせられます。

NiziUのオーディション「Nizi project」では、歌やダンス、スター性の審査の中で、唯一無二の自分らしさを見つけて表現していくことが求められました。ただ上手なだけではなく、誰でも皆持っているはずのスター性を見つけて磨いていく。大人でも非常に難しいことを、10代の彼女たちは懸命に努力して掴み取っていったのです。

オーディションでは、彼女たちが自分らしさや個性の表現について悩む姿が垣間見れます。例えばリーダーのMako(マコ)ちゃんは、最初のオーディションで「自分のコンセプトがまだ分からない」と言い、パク・ジニョンさんに「コンセプトは気にしなくていい。僕たちはもともと特別だから」と伝えられたことで安心した笑顔を見せています。

また、クールなラップで他の参加者たちの目を奪っていたRima(リマ)ちゃんはパク・ジニョンさんに「誰かの真似をするのではなく、自分らしい表現をしてほしい」と言われますが、なかなか自分なりの理解と表現をすることができず悩む姿が見られます。

そんな苦悩や葛藤を乗り越えた彼女たちだからこそ、「Step and a step」の歌詞から当時の自分たちを思い出し、涙してしまったのかもしれません。本人たちだけでなく、オーディション中からずっと彼女たちを追ってきた視聴者たちも、その姿を思い出すと感きわまるものがあります。

③立ち止まってもいい、私たち自身の生き方を肯定してくれる

Stepには、歩みや足取りなどの意味の他、「ステップをふむ」と使われるように、段階や道のりという意味もあります。人生は、歩き続けるだけではありません。時にはつまずいたり、歩くことに疲れてしまったり。次の道を探してぐるぐると同じところを歩き回ったり、立ち止まってお休みすることもありますよね。

特にこのコロナ禍で想定外の状況に置かれた今、普段のペースとは違う歩き方が必要だったり、時には立ち止まった方が良かったりする人もいるはずです。

しかし、いざ立ち止まった時に、そんな自分のことを許せなかったり焦ってしまう人も多いのではないでしょうか?「早く歩いて次へ行かなきゃ」「みんなと同じペースで歩かないと置いて行かれてしまう」と、お休みしている自分を肯定できなくなってしまうのです。

けれども、進む速さや、いつお休みするかというペースは本当に人それぞれ。他の人が走っているのに合わせて自分も走る必要はないし、疲れた時は無理して歩き続けるよりもお休みした方が力強く進めるようになったりするものです。

NiziUのデビュー曲「Step and a step」の歌詞には、そんな私たちを肯定し応援してくれるメッセージが込められているように思います。

NiziU「Step and a step」に学ぶ、自分らしい生き方

「休もう。」は、お休みする方法が分からない人に向けて、休み方のヒントを発信するメディアです。お医者さんや周りの人に「休んだ方がいいよ」と言われても、どうやって休んだらいいか分からなかったり、そもそも休むことを許せなかったり。自分自身も同じ経験があるからこそ、休むことの大切さや、気軽に休める方法を発信し続けたいと考えています。

NiziU「Step and a step」のPVストーリーや歌詞からは、自分らしいスピードとペースで進んでいくことの大切さを学ぶことができると思います。時に休むことになっても、"つまずいてしまったのは前に進んでたから"。休むことに心配があっても、"安心して 遅れてないから"

歩みが遅くなったり、ゴールを見つけられない自分を嫌いになりそうになっても"私は私で 私だけの形で 回り道でいい 自分のペースでいい"

誰にも頼れない寂しい気持ちになったり、元いた場所へ戻ることに不安になっても、"どんな時も隣でいつもそっと笑顔くれるの my friend"

"Everything will be fine, Everything will be OK"

この「Step and a step」は、自分の速さで自分らしく生きていくことを肯定してくれる。そんな素敵な曲だと思います。今、お休みすることへ不安があったり、他の人のスピードと比べてしまう人は、ぜひ一度聞いてみて下さいね。

「休もう。」は、お休みする方法が分からない方を応援しています。

 

  • この記事を書いた人
アバター

Caori

ストレスを貯めやすく、体調を崩すことが多かった。 高校生時代にうつ病になったり、社会人になってからストレスで生理が止まらなくなった経験から、心身の病を予防する方法に興味を持つ。 ヨガや呼吸法、マインドフルネスなど、日常でできることを実践している。 自分の香りで癒されることが好き、アロマ検定1級を取得。

-お休みコラム

© 2021 休もう。