中級 休み方

休み方:小さな植物を育てる|はぐくむ喜びと癒し

近くにお花や観葉植物があると、ほっとしたり優しい気持ちになりませんか?旅行や公園の散歩で自然の中に身を置くのも良いですが、お部屋の中に植物があるだけでも、自然を感じられますよ。今日は、植物が持つ癒しの効果や、おすすめの植物をご紹介していきます。広いスペースがなくても、お部屋の中やオフィスのデスク周りで育てられる小さな植物を中心にご紹介していきますね。

植物が持つ癒しの効果

仕事に集中して疲れた時、近くにお花や緑があると癒されますよね。これは感覚的な理由だけではありません。植物には空気を浄化してくれたり、癒し効果があると言われているマイナスイオンを発生させる力があるのです。

実際に、千葉大学の‎岩崎寛教授を中心に行われた実験では、屋内に観葉植物を置くと、置いていない時よりもストレスホルモンが減少した結果も出ているそうです。

参照:「屋内空間における植物のストレス緩和効果に関する実験」

植物をお部屋に置くメリット

癒しの効果以外にも、植物をお部屋に置く良さがあります。

心が動く

明るい色のお花を見ると、心が明るく華やぎますよね。淡い色のお花は優しい気持ちになったり、どっしりした観葉植物は落ち着いた気持ちになったり。

植物を見ていると、心が動かされることが多いです。特に、映画を観たり本を読んだりする時間がなく、無機質な時間が多いという方は、植物をお部屋に置いておくのがおすすめ。ふとした瞬間に見たり匂いを嗅いだり、お水をあげることで、ちょっとした心の変化を感じられるはずです。

インテリアとしても楽しめる

特にコロナ禍では、お家時間を楽しめるようインテリアにこだわり始めた方も多かったのではないでしょうか。SNSでも、お花を飾ったり、サボテンや観葉植物を育て始めた方を目にすることが増えました。

お部屋のインテリアをまるっと変えるのは大掛かりですし、インテリアを買い足すには相応のお金もかかります。一方、小さい植物を置くだけなら大変ではないですし、リーズナブルな価格から始められますよね。

植物は癒しの効果もあり、おしゃれなインテリアとしても活躍してくれる優れものなのです。

植物の成長を感じて喜びが生まれる

子どもの頃、学校で朝顔やトマトを育てた記憶がある方もいらっしゃると思います。文章や絵日記で植物の成長を記録していると、大きく育ってほしい、綺麗に咲いてほしい・・と、不思議と応援したくなったりします。

自分で種や苗から育てた植物が大きく育ったり、お花が咲くのを見ると、達成感や充実した気持ちが生まれますよね。

心や身体を植物で癒すセラピーとして、「園芸療法」も存在しているほど。植物は鑑賞するだけでなく、育てることでも喜びが生まれるのです。

室内で育てるおすすめの植物

お家やオフィスで簡単に始められる、おすすめの植物の種類をご紹介していきます。

一番簡単!切り花を生ける

植物は動物のように動きませんが、生き物であることに変わりはありません。特に忙しい方は、本当に毎日水を上げられるかな?ちゃんと枯らさずに育てられるかな?と心配になるかもしれませんね。

そんな時、まず最初のお試しとしておすすめなのが、切り花を買ってきて生けることです。お花を自分で生けるなんて、ハードルが高い!と思われるかもしれませんね。特別に生け方を考えなくても大丈夫。お花屋さんで買ってきたお花を、そのまま水を入れた花瓶にさすところから始めてみましょう。

お花屋さんによっては、お水に入れるだけで済む栄養剤を入れてくれることも。栄養剤を入れたり、花瓶の高さにあった長さに切りそろえると、より長持ちしますよ。

花瓶がないという方は、わざわざ買わなくても、ペットボトルやコップなどで代用できますよ。

観葉植物

観葉植物というと大きなものをイメージされる方も多いかもしれません。実は、デスクの上に置けるような小さな観葉植物もあるんですよ。

ポトス

熱帯生まれで暑さや乾燥にも強く、育てやすい植物の1つです。太陽の光が少なくても室内の光があれば育ってくれますが、出来るだけ日光を当ててあげましょう。

ポトスのツルは成長と共に横に広がっていくので、縦に大きくなりづらい点も特徴ですよ。

パキラ

パキラも丈夫な植物のため、初めてでも育てやすいです。傘を広げたような見た目が可愛らしく、人気の観葉植物です。

モンステラ

切れ込みが入り、手を広げたような形が人気のモンステラ。熱帯アメリカ生まれで、ジャングルの中に生えている植物です。うっそうとした木々に囲まれて育ってきたモンステラは、太陽の光が届かない室内でも育てやすく、丈夫です。

ゴムの木

「永久の幸せ」という花言葉がある、ゴムの木。丈夫で生命力が強いことから、付けられているそうです。つやつやと光沢がある葉っぱが印象的ですよね。

ゴムの木は800種類以上あると言われ、種類によって大きさや見た目もちがいます。なかでも、「フィンカスウンベラータ」という品種は、葉っぱがハート形に見えて可愛らしいですよ。

オリヅルラン

細長い葉っぱがすらりと伸びる姿が特徴的な、オリヅルラン。お部屋のインテリアとしても活躍してくれます。室内でも外でも育つ、丈夫な観葉植物なんです。

シルクジャスミン

デスクの上に飾るのにおすすめなのが、シルクジャスミン。ほのかに香るジャスミンの匂いに癒されます。白い花を楽しんだ後に、赤い実が付くのも嬉しいポイントです。

ミニ盆栽

盆栽というと、大きくてちょっととっつきづらいイメージがあるかもしれません。でも、最近はデスクの上に置いておけるミニ盆栽もあるんですよ。

普通の観葉植物やお花とは違い、置くだけで和のテイストを足せるミニ盆栽。和風が好きな方、ちょっと雰囲気を変えてみたい方は試してみてはいかがでしょうか?

自分で盆栽を作り込むこともできますが、初めての方は買ってきてそのまま置ける商品がおすすめですよ。

鉢植えに挑戦

切り花ではなく、花を育ててみたいという方は、鉢植えに挑戦するのも良いですよね。水やりや管理は少し大変なこともありますが、色とりどりの花々が季節に合わせて咲くのを見ると、大変さを忘れるぐらいの喜びや満足感がありますよ。

ピンク色が美しいシクラメンや、香りも楽しめるゼラニウム、冬の定番ポインセチアなどは、室内で育てるのにおすすめの鉢植え植物です。

水耕栽培

水耕栽培は、土の中ではなく、お水だけで育てる方法。子どもの頃に、ヒヤシンスを水耕栽培で育てた記憶がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?土を触るのに抵抗がある方でも、気軽に始められるのでおすすめです。

ペットボトルやコップを使って球根を育てたり、お料理で使った豆苗を育ててみるのも面白いですよ。

最近は、おちょこでシソやトウガラシを育てられる薬味栽培セットなど、遊び心あるものも。

サボテン

サボテンは頻繁にお水を上げなくて良いため、忙しくて植物に気を配りづらい方にもおすすめです。

雑貨店やホームセンターなどで、デスクに置けるミニサボテンを簡単に買うことができますよ。

小さな植物を育てて、癒しの空間を手に入れよう

今回ご紹介した植物の中には、床置きの大きいものもありますが、ほとんどはデスクにも置けるぐらいの小ぶりなサイズです。今までお花や植物を育てたことがない方でも、切り花や丈夫な観葉植物、水をほとんど上げなくても大丈夫なサボテンなど、種類を選べば初めてでも簡単に始められます。

癒しの効果を受けるだけでなく、育む喜びや達成感を得られる植物。植物の力を借りて、癒しの空間を作ってみてはいかがでしょうか?日常の中のささやかなお休みポイントになるはずですよ。

「休もう。」は、休み方がわからない方の次のお休みを応援しています。

  • この記事を書いた人
アバター

Caori

ストレスを貯めやすく、体調を崩すことが多かった。 高校生時代にうつ病になったり、社会人になってからストレスで生理が止まらなくなった経験から、心身の病を予防する方法に興味を持つ。 ヨガや呼吸法、マインドフルネスなど、日常でできることを実践している。 自分の香りで癒されることが好き、アロマ検定1級を取得。

-中級, 休み方

© 2021 休もう。