中級 休み方

休み方:泣く|心のデトックスで、ストレス解消しよう

社会に出ると、感情的な態度よりも冷静でいることが求められます。もちろん働く上では必要なことですが、必要以上に感情を我慢したり抑え込んでいると、一気に爆発してしまったり、ストレスが体調に出てしまうことも。泣くことは、心のデトックスとも言える対処方法でもあるのです。今日は、泣くことのメリットや、泣きたい時におすすめの方法をご紹介します。

泣くことのメリット4つ

①すっきりする

悲しいことがあって大泣きした後、なぜかすっきりしていた経験はないでしょうか?泣く前はあんなに悲しかったことも、泣いた後は何だかどうでもよくなってしまったということも。

もちろん、大きな悲しみや怒りを感じた時は、1回泣いただけですっきりすることは少ないと思います。泣いている時は、悲しみの世界から抜け出せないような、苦しい思いが続くこともありますよね。それでも、涙を我慢して耐えているよりは、泣きたくなった時に思い切って泣いてしまう方が、少しでもすっきりすることが多いです。

②負の感情を溜めこまない

悲しみや怒りといった負の感情に気づかないふりをすると、その場では冷静でいられるため、楽に感じますよね。しかし、感情を受け止めたり、どうしたら怒りが止まるのか?という原因を考えないまま時間を過ごしてしまうことの方が、長い目で見ると自分にとっては楽なのだと思います。

なぜなら、負の感情を溜め込まないで済むからです。1つずつなら対応できる感情も、溜まれば溜まるほど解決しづらくなります。また1回ずつ原因や対処法を考えていれば、次に同じようなことがあっても、前よりは簡単に対応できるようになります。

③自分の気持ちを整理できる

泣いていると、最初は感情がいっぱいになって辛いですが、途中から少しずつ冷静になっていくことはないでしょうか。何であんな行動をしてしまったんだろう?どうしたら解決できるんだろう?など、行動や気持ちを振り返って整理し始めるからです。

ただ悲しい・怒っていると感じている状態から、より具体的に理由や原因を考え、整理する。その結果、気持ちが少し楽になったり、冷静な状態になりやすくなるのです。

④心のストレッチができる

悲しみや怒りを感じた時以外にも、映画やドラマに感動して泣いたり、サプライズのお祝いをされて嬉し泣きをすることもありますよね。

普段働いている時は、感情的に振る舞うよりも、冷静に動くことを求められることが多いです。しかし、感動したり泣くぐらい喜んだりする時は、心がいつもより動いている瞬間のはず。硬くなっていた心をストレッチするような、そんな感覚になりませんか?

泣くために必要なこと

「さぁ感動して泣こう」と思ったところで、すぐに行動に移せる人は少ないのでしょうか。感動は、何かに感じ入って心を動かすこと。自分の意志で簡単に感動することは難しいと考えられます。

涙を流して泣くと、気持ちがすっきりすることも多いですよね。でも、本当は泣くこと自体が目的ではありません。大切なのは、泣きたい時に泣ける心の状態を作っておくこと。何かに感じ入って心を動かせたり、悲しい時に自分の感情を自覚できたりできること。

普段から感情を抑えている人は、なかなか自分の本当の気持ちに気づけなくなっています。敏感に感じ過ぎてしまうがために、無意識に心の動きをわざと鈍くしている人もいます。そんな風に感情を我慢したり、自分の心の動きに鈍感でいると、冷静で落ち着いた状態を保ちやすいメリットがあります。

一方で、感情はなくなったわけではありません。本当はどこかで悲しんだり怒りを感じたりしているのに、見ないふりをしているだけなのです。自分は今悲しい、怒っている。普通の時であれば、感情を感じること、そして理由を考えることで、自分の気持ちに気づいて対処できます。

しかし、感情を無視し続けていると、その場では冷静でいられても、解消されなかった負の感情がどんどん溜まってしまいます。そうなると、何となく憂鬱な状態が続いたり、どこかで怒りが爆発してしまうことも。

自分の心の動きを知ること、感じること。その場では辛い時もありますが、長い目で見れば、我慢したり押さえつけるよりも良いのではないでしょうか。

今日は泣きたい!そんな時におすすめの方法

モヤモヤが溜まっていて、思いっきり泣いてしまいたい。そんな時におすすめの方法をご紹介します。

①映画を見る

恋愛映画でもアクション映画でも、ほとんどの映画には起承転結のストーリーがありますよね。導入からずっと見ていると、登場人物に感情移入しやすくなり、感情が動きやすくなります。家だと他のことに気が散って集中できなかったり、家族がいると恥ずかしくて泣くのを我慢してしまう方は、映画館で見るのがおすすめですよ。

②漫画を読む

絵の力で視覚的にストーリーが頭に入ってくるのが、漫画の良いところ。小説よりも気軽に読み始められるのに、いつの間にか話の中に引き込まれていることも。最近はネットで無料漫画を掲載しているアプリや、最初の巻だけ無料で試し読みできるサービスもありますよ。

③小説を読む

文字を読むのが得意な人は、想像の世界に深く入っていける小説がおすすめです。ストーリーも1冊ずつ違いますが、作家さんによって文体もさまざま。淡々とした日常の中で小さな感動に出会えるのはこの人、畳み掛けるような展開で感情を揺さぶりたいならこの人、などお気に入りの作家を見つけておくのも良いですよね。

泣いてすっきりするなら、好きなだけ泣こう

大人になると、泣くことはあまり良いことだと思わない人も多いですよね。しかし、泣くことですっきりしたり、自分の感情を整理できたりと、良いこともたくさんあります。人前で泣くのは恥ずかしいと思っても、自分の部屋で泣く分には誰も見ていません。泣いてすっきりするなら、好きなだけ泣いてしまってよいのです。

最近もやもやする、小さい怒りが溜まってしまっているという方は、自分に起きたことではなく、映画や漫画・小説の力を借りて泣いてみるのもおすすめですよ。

「休もう。」は、休み方がわからない方の次のお休みを応援しています。

 

  • この記事を書いた人
アバター

Caori

ストレスを貯めやすく、体調を崩すことが多かった。 高校生時代にうつ病になったり、社会人になってからストレスで生理が止まらなくなった経験から、心身の病を予防する方法に興味を持つ。 ヨガや呼吸法、マインドフルネスなど、日常でできることを実践している。 自分の香りで癒されることが好き、アロマ検定1級を取得。

-中級, 休み方

© 2021 休もう。