中級 休み方

休み方:丁寧にコーヒーを淹れる|五感で味わう癒し

忙しくてお休みする余裕がない!という時におすすめなのが、コーヒーを淹れること。お仕事や家事の合間に、ほっと一息つけますよ。コーヒーを淹れて飲むまでの間、丁寧に五感を使いながら味わうと、よりリラックス効果が高まります。なかなかお休みを取れない時に、ぜひ試してみてくださいね。

コーヒーのリラックス効果

朝起きて、淹れたてのコーヒーの香りが漂ってきたら・・それだけで幸せな気持ちになりませんか?コーヒーの香りには、リラックス効果があると言われています。最近の研究では、全てのコーヒー豆がリラックス効果があるわけではないことも分かってきているそう。しかし、自分がコーヒーの匂いを好きだと思ったり、癒されると感じるのであれば、上手に活用していきましょう。

コーヒーの香りを嗅ぐことで、ストレス解消を感じたという実験もいくつかあります。かつてはコレステロールが増えるため飲み過ぎは良くないという声もありましたが、最近の研究では1日に3〜4杯のコーヒーを飲むことは、私たちの身体にとって良いことだという結果が出ているそうです。

参考:Drinking 3 or 4 cups a day may be good for your health(English)

日常の休息にコーヒーを一杯

色んなお休み方法を試してみたいけど、仕事や家事に追われて忙しい。そんな時こそ、コーヒーを一杯淹れてみるのはいかがでしょうか?

オフィス

会社にいると、休憩を取りづらいことも多いですよね。でも、飲み物を用意する時間ぐらい、誰にも咎められないはず。

仕事の合間に、ゆっくりコーヒーを淹れる時間を作ってみて下さい。なんだかサボってる感じがして気が引ける・・という方は、周りの人の分も淹れてみるのはどうでしょうか?お歳暮やお中元でオフィスにお菓子がある時は、コーヒーと一緒に持って行くと喜ばれると思いますよ。

コールセンターなど自由に飲み物を取りに行けない環境の方は、休憩時間にコーヒーを淹れ、保温容器に入れて持っておくと良いですね。

お家でリモートワーク中

お家でのリモートワークは、会社で働いている時よりも、お休みを取りづらく感じてしまう方も多いのではないでしょうか。特に、真面目に働かれていると、一息つくことも抵抗がある方もいらっしゃるようです。

オフィス同様、飲み物を準備する時間を取っても問題はないはず。人間の集中力は最大90分とも言われているため、気持ちの切り替えも必要です。

ついつい休みを取らずに働いてしまう方は、コーヒーを淹れる時間を決めてアラームをかけるようにするのはどうでしょうか?

家事の合間に

掃除に洗濯にお皿洗いに。やらなくてはいけないことは、山ほどありますよね。そんな時も、家事の合間にコーヒーを淹れる時間を持つだけで、簡単なお休みを取れます。

コーヒーのお湯を沸かしている間にお皿を洗ったり、洗濯機を回している間をコーヒータイムにしてみたり。「休憩しよう」と思うと罪悪感が湧いてしまう方も、「コーヒーを淹れよう」と考えればお休みしやすいと思いますよ。

コーヒーを五感で味わおう

コーヒーを淹れてから飲むまでの時間、せっかくなら五感を使って味わい尽くしてみませんか?

コーヒーを淹れる①視覚で味わう

お湯に溶かして飲む粉コーヒーは便利ですが、ゆっくりと淹れるにはドリップコーヒーがおすすめです。少しずつお湯を注ぐと、コーヒーの粉が外側からじわじわと濡れていき、カップの中にコーヒーの雫がポタポタと落ちていきます。

ドリップコーヒーは少しずつ落ちて行くため、最初は焦ったく感じるかもしれません。しかし、忙しい日常の中で、ゆっくりとつくられていくコーヒーを見ていると、段々と気持ちが落ち着いていくのを感じると思います。

ドリッパーやフィルターを用意するのは面倒・・という方には、個別包装のドリップコーヒーもあります。あらかじめフィルターの中にコーヒーの粉が入っており、カップに入れてお湯を注げばドリップコーヒーとして楽しめますよ。

コーヒーを淹れる②嗅覚で味わう

リラックス効果のあるコーヒーは、淹れる前から飲む時まで嗅覚で味わうことができます。コーヒーの豆や粉を保管してある缶から、コーヒーの香りを思いっきり嗅いでみましょう。

淹れている間は、温かいお湯を注ぐたびに、乾燥した粉や豆の時とはまた違う深みのある香りを感じられます。

飲み終わった後も、お部屋にしばらくコーヒーの香りがふんわり残っているのも良いですよね。

コーヒーを淹れる③聴覚で味わう

忙しい時ほど、小さな音や微かな変化に気づきにくくなっていたりしませんか?仕事や家事に集中したり、次にやることに気を取られていると、周りの音や変化に鈍くなってしまうためだと思います。

そんな時には、コーヒーを淹れる時の、ポトポトと落ちる音に耳を傾けてはいかがでしょうか。不規則にゆっくりと落ちていく音を聴いていると、不思議と落ち着いた気持ちになっていきますよ。

コーヒーを淹れる④味覚で味わう

せっかくコーヒーを淹れたら、お菓子と一緒にゆっくり休憩タイム・・と行きたいところ。しかし忙しい時は、飲みながら仕事や家事をしなくてはいけないことも多いですよね。

そんな時も、なるべくコーヒーの味をじっくり味わうように飲んでみて下さい。何かをやりながらでも、コーヒーを飲んでリラックスしたり、気持ちを切り替えるような感覚を感じられるはずです。

丁寧にコーヒーを淹れて、お休みの時間をつくろう

カフェインを取って眠気を覚ますために、ささっとコーヒーをつくって飲む日もありますよね。余裕がありそうな日は、なるべくドリップコーヒーを丁寧に淹れて、お休みの時間を作ってみてください。忙しい日常の中でも、コーヒーを淹れて飲む時間だけは、リラックスやリフレッシュの時間になるはずです。

「休もう。」では、休み方が分からない方を応援しています。

 

  • この記事を書いた人
アバター

Caori

ストレスを貯めやすく、体調を崩すことが多かった。 高校生時代にうつ病になったり、社会人になってからストレスで生理が止まらなくなった経験から、心身の病を予防する方法に興味を持つ。 ヨガや呼吸法、マインドフルネスなど、日常でできることを実践している。 自分の香りで癒されることが好き、アロマ検定1級を取得。

-中級, 休み方

© 2021 休もう。