休み方 初級

休み方:狭い場所へこもる|トイレ、納戸、押入れ

最近人と話しすぎて疲れている。刺激が多かったので、一人静かに心を休めたい。そんな方にご提案したいのが、どこか狭い場所へこもってみることです。誰にも邪魔されない空間で、一人の時間を過ごす・・ホテルへ一人で泊まったり、飛行機に乗ってしまえば叶うかもしれませんね。でも、時間もお金もかかりますし、思いついたらすぐできるわけではありません。そこで、今回はもっとお手軽に試せる方法をいくつかご紹介します。

ドラえもんみたいに、狭い場所へこもりたい

狭い場所へこもるのは、秘密基地のようで楽しいですよね。子どもの頃、かくれんぼで息を潜めてじっと隠れていた記憶が蘇る人もいるかもしれません。狭い場所へこもるのは、普段とはちがうことをしているワクワク感もあり、他の人には見つからない自分だけの秘密の場所にいるという特別感もあるのではないでしょうか?

もちろん、同じように狭い場所へこもるといっても、人から閉じ込められるのは話が違いますよね。小さい時に親から怒られて納屋へ閉じ込められたり、いたずらで教室の中の掃除ロッカーに閉じ込められたり・・このように、自分の意思ではなく狭い場所へこもるのは、全くもってリラックスできる状況ではありません。また、狭い場所が苦手な人にとっても快適な空間ではないでしょう。

お気に入りの狭い場所で、ちょっとした時間を過ごすこと。まるで、ドラえもんがのび太くんの部屋の押入れで眠っていたように。それが楽しめたり、落ち着くという人にとってはおすすめの方法になります。

気軽にこもれる場所

とは言っても、こもる場所は自分のお家や会社などよく知っている場所だけにしておきましょう。外や知り合いのお家だと、思わぬハプニングに巻き込まれてしまったり、知らずにドアを開けた人にびっくりされてしまいかねません。必ず自分のコントロールできる場所で、こもるようにしてくださいね。

トイレ

お家でも会社でも使える場所になります。昼休みにランチを食べて眠たくなって、トイレでちょっと居眠りしてみたり、仕事のミスを上司に報告するのが憂鬱で、先延ばしにしたくてトイレに数分こもってしまった・・など、経験がある方もいるのではないでしょうか?お家の中でも、誰かと一緒に住んでいる場合は、ふと一人になりたい時トイレに行く方もいるかもしれないですね。

トイレは中に数分入ることが自然な行為のため、日常でふとこもりたくなった時にとても便利な場所です。数分考えごとをしてみたり、しばらくぼーっとしてみたり。長い間こもりすぎると体調を心配されてしまったり、他に使いたい人の迷惑になってしまうので、こもりすぎにはご注意を。

物置・納戸・ガレージ

お家の状況によりますが、普段人が出入りしない物置や納戸、ガレージがお家にある方は、しばらく時間を過ごしてみても良いでしょう。トイレのように密室感は少ないですが、扉を閉めてしまうと外からの音が聞こえづらく、落ち着いて考え事をしたり、一人になりたい時にぴったりの場所です。

暖房器具がない場合は、ブランケットを持っていくと身体が冷えないのでおすすめです。人や車の出入りがある可能性もありますので、出入りする際は周囲に気をつけてくださいね。

押入れ

ドラえもんのように、お部屋に押入れがある方はこもれますね。押入れのポイントは、光の刺激が弱まること。扉を完全に閉めれば真っ暗に近い状態になるため、精神統一したい時に使えます。布団など物が多く入っている場合は、中でぶつかったり物を崩さないように、あらかじめ座るスペースを確保した上でこもってみてくださいね。

こもる時に注意すること

狭い場所へこもることは、落ち着きやリラックスを感じられることも多いですが、人や状況によっては注意が必要です。

①狭いところが不安になる人はこもらない

狭いところといっても、人によって定義は異なります。エレベーターや飛行機が苦手な方もいれば、トイレでもドアを閉めておくのが不安という方もいるでしょう。狭いところにいて不安な気持ちになったことがある方は逆効果になってしまう可能性が高いため、この方法は避けてくださいね。また、今まで特に不安を感じたことがなくても、こもっている途中で心配な気持ちになったり、ドキドキするような感覚になった場合は、外に出ましょう。修行のように自分に負荷をかけたくてやっているのではなく、自分自身をお休みさせるための「こもり」だからです。

②長い間こもりすぎない

長い間狭いところにいると、空気が薄くなって酸欠になってしまったり、周りの人に心配されることも。「気がついたら会社の休み時間が終わっていた・・!」なんてことにもなりかねません。ついこもりすぎてしまいそうな方は、あらかじめこもる時間を決めて、携帯やスマートウォッチでアラームをかけておくと良いです。

③携帯を持って入る

こもる時は何も持って行きたくないという方も多いと思います。しかし、扉の鍵が壊れて閉じ込められてしまったなど、万が一何かあった時のために、携帯を持って入るのがおすすめです。こもっている間は誰とも連絡を取りたくない!という方は、電源を切っておけば大丈夫。先ほどのアラーム機能も便利ですので、ぜひ携帯は持って入ってくださいね。

たまには狭い場所へこもって、自分だけの空間で落ち着いてみるのも悪くない

「さぁトイレにこもりましょう」と言われても、なんだか気が進まない方もいると思います。大切なのは、自分が快適でいられる場所へこもることで、自分だけの空間を作って落ち着けるということ。仕事で煮詰まってしまったり、人間関係で疲れてしまったけれどすぐには逃げられない・・という時も、いったんトイレにこもって頭を整理したり、心を落ち着かせてみるのは効果的ですよ。狭い場所が好き!落ち着ける!という方は、ぜひ日常に取り入れてみてくださいね。

「休もう。」は、休み方が分からない方の次のお休みを応援しています。

https://yasumou.com/

 

  • この記事を書いた人
アバター

Caori

ストレスを貯めやすく、体調を崩すことが多かった。 高校生時代にうつ病になったり、社会人になってからストレスで生理が止まらなくなった経験から、心身の病を予防する方法に興味を持つ。 ヨガや呼吸法、マインドフルネスなど、日常でできることを実践している。 自分の香りで癒されることが好き、アロマ検定1級を取得。

-休み方, 初級

© 2021 休もう。