お休みコラム

アクティブレストを活用!積極的な休養で、上手に休む方法とは?

休日にお家でごろごろしたけど、肉体的も精神的にも疲れがとれないまま終わってしまった。そんな経験はありませんか?

休養の過ごし方には2つ種類があります。1つは身体を動かさずに休養をとる「パッシブレスト」、もう1つは動くことで心身の回復を促す「アクティブレスト」。

今回の記事では、身体と心の健康にメリットが多くあるアクティブレストについてご紹介します。

アクティブレストとは?

アクティブレストとは、疲労回復のために軽い運動を取り入れることで、積極的休養とも呼ばれます。一方、パッシブレスト(消極的休養)は身体を完全に休める休み方です。

アクティブレストは、元々スポーツの世界で疲労から早く回復するために使われていました。ハードな試合やトレーニングで疲れている時に、あえて軽い運動で全身の血行を促す方法です。完全休養と比べて、疲労回復効果が早いといわれています。

スポーツに取り組む人だけでなく、日常生活でもアクティブレストは有効と考えられます。疲れた時には身体を休めることも大切ですが、ずっと休み続けているのもしんどいもの。

軽い運動によりセロトニンが分泌されたり、自律神経の疲労回復により疲労感が軽減するなど、心の健康への効果も期待できます。

アクティブレストにおすすめ、簡単なリフレッシュ方法7つ

アクティブレストは、心身のリフレッシュが目的となります。早く疲労回復をしたいからといって、激しい運動は必要ありません。

例えばストレッチやヨガなどは、運動が苦手な人であっても気軽に取り組むことができます。身体を動かすことだけではなく、話題のスポットで写真撮影を楽しんだり、ショッピングモールで買い物したり、お家でフィットネス系のゲームをしたり。遊ぶことも、心身の休養とリフレッシュに繋がる立派なアクティブレストと言えるでしょう。

①ストレッチ

身体をほぐすストレッチには、血流を改善し筋肉のコリを緩和する効果があります。

スキマ時間に簡単に行えるため、忙しい人や、運動が苦手な方にもおすすめの方法になります。

お仕事で固まっている筋肉をゆっくりとほぐしていきましょう。特にコリを感じやすい肩と腰の血の流れを意識するのがおすすめです。立ち上がった姿勢で手を上に上げ、ゆっくりと脇を伸ばすように身体を傾けたり、肩甲骨を意識しながら肩を回す動きも良いでしょう。

習慣化してこまめに行うと、より効果が期待できますよ。

休み方:ストレッチをしてみる|伸びると、気持ちがよい
休み方:ストレッチをしてみる|伸びると、気持ちがよい

身体が硬くなっていたり、むくんでいたりすると、なんとなくいつもしんどい状態が続きますよね。マッサージに行ったり、ヨガの教室に通ったりと、身体を楽にする方法はたくさんあります。今回はその中でもどこへも行 ...

続きを見る

②ヨガ

お家でも簡単に始められるヨガ。筋肉や体幹といった身体だけでなく、自律神経のバランスを取ることで心も整える効果があります。

自律神経には、アクセルのような役割をする交感神経と、ブレーキのような役割をする副交感神経があります。2つの自律神経が体内でうまく切り替えを行い、体内のバランスを保ってくれるのです。自律神経が乱れると、イライラが止まらなかったり、やる気が出づらい状態になることも。特に現代人は交感神経が高いことが多く、常にせかせかとしているような感覚になったり、なかなか眠れないという人もいます。

ヨガでは、副交感神経の働きを高める腹式呼吸をしながら身体を動かします。リフレッシュしながら気持ちを落ちつけるのにおすすめな方法です。アロマオイルを軽くつけてお気に入りの香りを楽しみながら行ったり、リラックスできるBGMや音楽を取り入れるのも良いでしょう。

③散歩・ランニング

軽く走った後に、頭がすっきりしてリフレッシュした経験はありませんか?散歩やランニングなどの有酸素運動も、疲労回復に効果があると言われています。

無理をしすぎず、自分が心地いいと思う範囲で行うことが大切です。

近くの公園に出向いて自然を感じたり、街中の空の色や風を感じたり。休養を楽しみながらチャレンジしてみましょう。

休み方:外を散歩する|家の周りを歩いてリフレッシュ

休みたい時は、眠ったりぼーっとしたり、動かないことを思いつくことが多くありませんか?確かに、身体を静かに休めることは大切です。一方で、動くことでリフレッシュしたり、気持ちが上向きになった経験はありませ ...

続きを見る

④ペット・動物と触れ合う

大好きなペットと触れ合う時間は、平日のストレスや緊張していた心をほぐす癒しのひととき。普段はお仕事で忙しい方も、休日はゆっくりお家でペットと過ごしたり、一緒に散歩に行くのも楽しい時間ですよね。

ペットを飼っていない方も、猫カフェやふくろうカフェなど動物カフェで触れ合うこともできます。かわいい動物たちと遊ぶリラックス時間も、立派なアクティブレストになるのです。

⑤お風呂にゆっくりつかる

入浴も、毎日の習慣として取り入れやすいアクティブレストの方法です。忙しいとついシャワーだけで済ませてしまう方もいると思いますが、お湯につかることで心身ともに休めることができるのです。

入浴の健康効果は、水圧・浮力・温度の3つのポイントにあるとされています。

水圧は全身の血行が良くなる効果が、お湯につかることで起こる浮力には筋力を緩めたり、リラックスの効果があります。血液の流れが促進されるため、38~40度くらいの熱すぎない温度で浸かることがおすすめですよ。

半身浴、足湯

入浴の中でも、半身浴は長時間行いやすいことから代謝が上がり、身体の老廃物を汗として排出してくれます。健康だけでなく、美容にも効果的と言われていますね。

お湯に足をつけるだけの足湯も、家で試しやすい手軽な方法。忙しい時は、お湯の中に精油を垂らすと、香りの力でリフレッシュすることも。入浴とうまく合わせて、ライフスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか?

お風呂に入る。心も身体も、温める
休み方:お風呂に入る|心も身体も、温める

最近、お風呂に入っていますか? ついつい、シャワーだけで済ませてしまう人は意外と多いですよね。 シャワーを浴びるだけでも、身体が温まってリラックス効果があるそうですが、 やっぱりお湯につかった後のポカ ...

続きを見る

⑥旅行・温泉に行く

旅行・温泉は、アクティブレストにはもってこいの方法です。

いつもと違う場所へ行くと、忙しい日常から離れて心身共にリフレッシュできますよね。自然豊かな場所や美しい景色を楽しむことで、非日常の空間を満喫できます。

温泉で温まったり効能を感じることも、癒されるだけでなく、心と身体の疲労回復に繋がっていくのです。

⑦マッサージ・スパに行く

心身疲れきっている時は、マッサージやスパを探したり予約することも大変かもしれません。しかし、誰かにほぐしてもらうのは、お家で自分でマッサージしたり、ストレッチするのとは違う気持ち良さがありますよね。

マッサージもタイ式・オイルマッサージなど種類は豊富。岩盤浴やサウナが併設されているスパもあります。選ぶことにワクワクしてきたら、好みにあった方法や施設を探してみましょう。

パッシブレストと組み合わせて、上手に休養しよう!

アクティブレストについて、ストレッチや入浴など様々な方法をご紹介しました。

お休みにとって大切なことは、アクティブレストとパッシブレストをバランスよく取り入れることです。心身の状態に合わせて、心の休養や身体を安静にするパッシブレストを組み合わせることで良い休養となるでしょう。

※当記事はあくまでも休養したい時におすすめな方法です。病院に通っている方は、お医者さんの指示に従っていただければと思います。

休養は心の健康にも大切!過ごし方に困っている人に読んでほしい

心身ともに疲弊してしまうと、休養を取った方がいいと頭では分かっていても、なかなか休めなかったりしますよね。また、どんな過ごし方をすれば休養になるのかわからないと悩みを抱えている方もいるのではないでしょ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
kagari

kagari

体力がなく、虚弱体質気味。なんとなく調子が悪い体質を改善したい!と思い色々調べていくうち、カラダの不調は自律神経が原因と発覚。カラダを冷やさないよう夏でも飲み物に氷はあまり入れないようにしたり、野菜や果物中心の生活を心がけています。カラダの調子を整えるために通い始めた中国整体にどハマり中。

-お休みコラム

© 2021 休もう。