逃げることは大事な手段。自分の選択肢から外すな!

雑記
スポンサーリンク

どーもウツサイです。

 

最近みなさん逃げてますか?

急な質問ですが、これ結構大事だと思うんですよ。逃げてない人多すぎないですか?

NARUTOで自来也が「忍者とは忍び耐える者のことなんだよ」って言ってましたが、みなさんは忍者ではないでしょ?

ともすれば逃げることは悪いこととして考えていないですか?

嫌な事から逃げる = 悪いこと?

この価値観はきっと歳を重ねるごとに強くなってしまうオヤジ病。

最初から言います。

嫌な事から逃げることは正解だぞ!

ウツサイは忍耐力があった為、気づいたら鬱になってしまっていました。早々に逃げていれば鬱にならずに済んだのかも?いや、もっと遅ければ自殺の危険も・・・なんて想いを馳せています。

鬱になったら休職をするべきです。休職は逃げじゃないって?

い~え、世間一般には逃げだと言う奴らが多数存在します。鬱になってる人でも逃げだと感じてしまう人がいて、手遅れになったりします。休みましょう。ストレスから遠ざかりましょう。

 

いじめに関して最近少しずつ価値観変わってきてるけど、「立ち向かわないといけない」って価値観が未だにある。立ち向かった先に何があるのか?ウツサイにはわからない。立ち向かって得るものなんて、逃げてでも得られるよ。

いじめに逃げない事のデメリットは自殺だ。

「立ち向かえ」って言葉は『人間としての成長』か『自殺』の二択に向かわせる言葉です。

「逃げていいよ」は『無限の可能性』を残すこと。そこには成長克服も含まれています。

どっちがいいかなんて簡単な事のはずなのに、判断できない大人が多すぎるよね。

だからこそ逃げていいのです。

常に「逃げ」を選択肢に持つこと
立ち向かう事が大事な場合もあります。そんなことは百も承知。

立ち向かう事で成長してきた人もたくさんいる反面、逃げた経験から色々と成長できた人達もたくさんいます。

一番怖いことは「逃げていては成長できない」「逃げてばかりいるとダメな人生になる」という極論が一般論として認知されてしまっていて、スポコン世代の上司たちはこれ見よがしに言い放ってきます。その積み重ねで自分の思考も「逃げちゃだめだ」って固まっていきがち。エヴァンゲリオンの碇シンジだって逃げてから成長してるんだよ。人の将来なんてどうなるかわからないのに、逃げるとダメになるっていう決めつけの思考が持てること自体ヤバいね。

逃げるという選択肢はいつだって正解になります。今つらい事、苦しい事に生活を脅かされている人は一度逃げてみましょう。そしてそのストレスから離れて休息を取ることで、また違った生き方を探す余裕ができるはず。

コメント