家を建てる会社はどこに頼むのがいい?会社別の特徴を解説するよ

いい家を作ろう
スポンサーリンク

どーも現場監督ウツサイです。

 

みなさん家を建てるとしたら何を基準に建設会社を選びますか?

「かっこいい家」「地震に強い家」「使いやすい家」「断熱性能が高い家」「アフターが迅速な会社」等など考えられますが、建設会社によって得意・不得意が分かれるのはご存知でしょうか?

また自分が実現したい項目が、会社によっては「出来ない」事もあります。

 

そこで今回は理想のマイホームをどこに注文すればいいのか各建設会社の特徴から考えていきましょう。

建設会社の種類

注文住宅を建てる際に依頼をする会社は大まかに3つに分けられます。

その特徴とメリット、デメリットを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ハウスメーカー

○○ハウスって名前の住宅建てようってなったらまず頭に浮かぶ会社ですね。

住宅を専門として多くのマニュアルを持ち、大量仕入れやコストカットの徹底で「安く品質のいい住宅」を「品質のばらつきが無い」ように提供することを目標としている事が大半です。

各社構造の強さを競り合っており「構造が強く倒れない家」が強みですが、デザイン等は似ている家になるので個性のある家は難しいです。

また設計士や現場監督を選べないので、担当する人との相性が心配。

最近は住宅以外にも進出して勢力拡大中の傾向です。

メリット

  • 価格が安い
  • 品質が一定で高品質
  • 工期が短い
  • アフター対応がいい

デメリット

  • 自由度が少ない
  • 設計・現場の担当者を選べない
  • 打ち合わせ時に急かされる
  • 標準外を選ぶと高い
  • 画一的な住宅になる

 

地元工務店

ハウスメーカーよりも小さな地元の範囲内で請け負っている工務店。

小さなコミュニティでは絶大な影響力のある会社であったりします。

「地域に密着した会社」になりますので当たりはずれの差は大きい

昔から地域で評判がいい会社に当たればこれほど信頼できるところはないです。

メリット

  • 自由度が高い
  • 地域の信頼がある
  • 気軽に相談できる

デメリット

  • 当たりはずれが大きい
  • デザイン・構造は最低限
  • 相談した後に断りづらい

 

設計事務所&ゼネコン

設計と現場管理の専門職の合わせ技。

自分の好みの家を作る設計士を選んで依頼できるので、自分好みの家になる可能性が高いです。

各々住宅だけではなく建設業を幅広く扱っている為、建築の知識は高くて広いが、完全オーダーメイドのような形でコストは高くなる傾向。

デザインに凝る「かっこいいオンリーワンな家」を建てるには最優先で考えるべきです。

ただし完成後のアフター保障は契約段階でしっかり確認しないと不安が残る。

メリット

  • 自由度が高い
  • 好きな建築士に頼める
  • 建築士側から提案がたくさん出る
  • 個性のある家が作れる
  • 設計と施工が別会社なので現場監理に緊張感がある

デメリット

  • 金額が高い
  • 実際の施工例が見れない
  • 住宅専門ではない
  • 実績棟数は少ない
  • アフター体制が心配

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分の考える理想の家を建てるためにどこにお願いした方がいいか、方向性は見えましたでしょうか?

注文住宅はとても高価な買い物ですので、焦らずに色々な情報から自分たちの頼むべき会社を選ぶことが大事です。

まずは各会社の特徴を知るためにHPや資料を取り寄せて比較・検討をすることをお勧めします。



コメント