会社が辞めさせてくれない⁉ 辞表を出す前に知っておきたい事

雑記
スポンサーリンク

どーもウツサイです。

 

「会社を辞めよう」そう決めたらどうすればいいかわかりますか?

ウツサイ
ウツサイ

辞表を出すんだよね?

そう。辞表を出すんですが、これがなかなか大変なんですよね。

辞表を書いたはいいけど受けとってくれない、シュレッダーにかけられたなんて声も結構あるんだよね。

そんな会社は余計すぐ辞めた方がいい!って事で辞表を出す前に知っておきたい事を説明するよ。

 

会社側に退職を断る権利はない!

皆さん社内規定の退職時の項目って呼んだことありますか?

基本的には「一カ月前に退職の意思表示をする事」って書いてある会社がほとんどなはず。

「会社が了承した場合のみ」って記載はありません。

だから一カ月前に意思表示をすることによって確実に辞められるんですよね。

ここで知っておきたいのは大前提として会社は社員の退職を受け入れなくてはいけないという事。

これは民法により定められた労働者の権利なのです。

 

何故辞めさせたくないか

会社としてはいろいろな事情から退職を拒むケースがあります。

会社側の辞めさせたくない理由を考えていきましょう。

スポンサーリンク

会社にとっては貴重な存在

会社の成長は社員の成長があってこそです。

せっかく育てた戦力が辞めてしまっては、会社の成長にとってマイナス。

会社側からしたら人が辞めるのは大変な事なんですよね。

 

新規採用にはお金がかかっている

新規採用ってお金がかかっているんですよ。

広告を載せたり、転職コンサルタントにお金を払ったりして採用希望者を募ります。

お金を払ってせっかく採用した人材が早々に辞められてしまってはただの無駄な費用になってしまいます。

 

上司が人事評価でマイナス査定になる

管理職は人材育成も含めて会社から査定されています。

そこには退職者の数も査定対象として入っているんですね。

なので自分の部下に辞められてしまうと自分が困るわけです。

上司2
上司2

俺のいる間はやめさせないからな!

なんて言ってる人は自己保身の塊ですので気を付けてください。

 

退職の意思を告げた時に言われる事

退職の意思を告げた時に引き留められることがほとんどでしょう。

そんな時に言われる言葉は大体決まっています。

とりあえず3年続けてみた方がいい

3年たたないと会社の本質が見えてこないとか、仕事の楽しさを知るのには3年ぐらい必要とかはよく使われる言葉です。

この3年という数字ですが、全く根拠はありません

昔から使われている言い回しを、あなたの上司や先輩も言っているだけに過ぎないでしょう。

しいて言うならば前述した「新規採用にはお金がかかる」の費用を取り戻すために大体3年程度要すると言うくらいでしょうか。

要するに会社側の都合なので、3年待つ必要はありません。

 

辞めたらみんなに迷惑がかかる

これもよく使われる言葉です。

会社はあなたの真面目な心に付け込んで退職させないように話をしてきますが、これを考えていると一生辞められません。

おそらく本当に迷惑は掛かるのでしょう。ただしそれはあなたが悪いのではなくて、会社が悪いのです。

社員が会社を辞めたいと決断を下すのは、働く環境が良くないからであって会社が悪いのです。

社員が働き続けていたいと思えるような会社であれば辞める必要もなく、周りに迷惑がかかることもなかったのです。

そもそも新しい道を歩もうとしている人に「迷惑だ」という負の感情しか持てないような職場は、その時点でヤバいです。

 

この会社で通用しなければ他でも通用しないよ?

そんなことはありません。

人には適正があり、今の環境があっていないことにより力を発揮することができないなんてことは容易に想像がつきます。

辞めることによる新しい道は今まで会ったことはないのだから

後悔するぞ!

そんなことはわかりません。

辞めるという意思を曲げることも後悔すると私は思いますが。

 

退職届を受け取ってくれない!

提出した退職届が受理されないという話をよく聞きます。

法律上は受理しないことが異常なんですが、実際に起こってしまっている問題です。

退職の意思表示を会社が受けたという事が明らかでないと、辞められないのも事実。

そんな時は多少強引ではありますが、内容証明郵便で送る事で相手が確実に受け取ったことが記録されます。

 

また退職は今の仕事に目途が着くまでとか、引継ぎが終わるまで等の曖昧な日程の引き延ばしにも注意をしてください。

ある程度の話し合いは必要かと思いますが、しっかりと期限を決めて話をしなくてはいつまでもそのままなんて事も・・・

 

「迷惑をかけたくない」「円満に退職したい」と思うのが大抵の人ですが、会社の態度をよく見て時には強引な退職も考えた方がいいです。

最終的には自分や自分の家族の幸せを第一に考えて物事を判断した方がいいでしょう。

 

有給はしっかり使おう!

有給は社員の当然の権利です。

仕事がつらいときは今すぐにでも辞めてしまいたいものですが、有給消化は確実に行いましょう。

極端な話、一か月後の退職に向けて一カ月間有給を使ってしまってもいいのです。

 

今まで頑張って働いて得た権利を有効に使っていきましょうね。

 

まとめ

辞めるのって簡単なようで難しいです。

でも辞められないという事は無いのですから、自分の幸せを大事にして固い意思を表示することも時には大事。

出来ればあなた自身も周囲に新しい道を歩む人がいたら温かい言葉で送り出してくださいね。

 

コメント